メインドイン東京、ライフタイム ダイヤモンド ジュエリーブランド|SERI TOKYO(セリ トウキョウ)

CRAFTSMANSHIP

日本製にこだわる、それも熟練職人による手仕事

ダイヤモンドはどのようなジュエリーに仕立てるかによって、その姿を変えます。
素晴らしいジュエリーになれるか否か、ダイヤモンドの運命は職人に委ねられるといえるでしょう。
SERI TOKYOは「日本の職人がつくるダイヤモンド ジュエリー」をコンセプトに、
日本屈指の熟練職人による、細部まで手を抜かない、こだわりの“モノづくり”を大切にしています。
厳選したダイヤモンドとセットとなり、時を超えて愛される、ともに生きていくジュエリーを追求しています。
 

熟練職人の技と厳選したダイヤモンドの美しさを生かしたシンプルなデザイン
ダイヤモンドの魅力と作りの良さがダイレクトに響いてくる


SERI TOKYOが大切にしているのは、ダイヤモンドそのものの輝きを最大限に引き出すこと。
        多くの光をとりこみ、貴金属の使用を最小限まで抑え、
        磨き上げられた極細のプラチナで丁寧にダイヤモンドをセッティングします。
        ダイヤモンドが肌に浮き上がっているかのように。
上質なジュエリーは、たとえ見た目はシンプルでも、簡単にできているものは、何 一つありません。
いえ、シンプルだからこそ、装飾でごまかすことなく、職人の技量をはっきりと証明します。

                “完璧がついに達成されるのは、何も加えるものがなくなった時ではなく、何も削るものがなくなった時である。”
        
                サン・テグジュペリの言葉です。
SERI TOKYOのジュエリーを手にすれば、きっと感じていただけるでしょう。
                隠された仕立ての厳格さ、細部に至る妥協なきこだわり、完璧を追求するその厳しさと誇りを。

          

込められた想いはジュエリーの細部に描かれる


時間と手間をかけて、見えないところにまで妥協することなく、丁寧に仕上げていく。
        その工程を繰り返し、はじめてラグジュアリーな煌めきは誕生するのです 。
完璧の追求は目で吸収し、脳で学び、手で磨かれるものかもしれません。
                そこに魔法がかかるのは、作り手の心が注ぎ込まれた時だけなのです。
 

1つのジュエリー、紡がれる物語
 

SERI TOKYOのダイヤモンド ジュエリーは、東京にある工房から生まれます。
その工房は、設立から約50年もの間、伝統的な匠技の手仕事により、ハイ ジュエリーを生み出してきました。
デザイナー、ジェモロジスト、クラフトマン、それぞれの専門家が日々、ジュエリー製作と向き合っています。
その道を極めるとは安易に守備範囲を広げず、得意な分野をさらに極めていく過程です。
彼らの卓越した技術、研ぎ澄まされた感性、日本人の美意識、そして想いが紡がれ、最高品質のダイヤモンドはSERI TOKYOのジュエリーとなるのです。

Made in Japanという最高峰のジュエリー製作技術と作り手の想いの結晶が、身に纏う人に届くこと、そして未来へと継承されることを願います。